• jammsweb

ウッドデッキ造ります#2

更新日:9月12日

さて、ウッドデッキの基礎と土台までは出来たので今度はデッキ材を発注して貼っていく工程に進んでいきます。まずは発注。今回デッキに使う木材として選んだのは、王道 セランガンバツ。ジャラやウリン、レッドシダーなどの他にも様々なデッキ材がありますが硬くて施工性は悪いものの長期間腐りづらくて塗装も不要なこれをチョイス。ジャムズでも一番使っている材料です。 建築の現場では木が不足し始めて価格も高騰してきたのでネットで発注。設計では普段やり慣れてない段取りなのでモタモタ...



1週間ほどかかりましたがデッキ材がトラックに乗ってやってきました。知ってはいたけどハードウッドは運ぶに重いし下穴を空けるのも木が固いからドリルも摩擦で熱々でデッキ工事だけで2本折れました。まあ、その分 屋外で腐らないんだけど職人たちのボヤキが身に染みて分かりました。


一本一本反りを補正しながら貼っていきます。大変だけど形になっていくのは楽しい。

そうそう、この頃 この場所の名前が決まり「エリア1342」となりました。蔵というより このエリアの名前です。1342は番地です。


ついにデッキ完成です!

ウッソウとしていて正直足も踏み入れたくないような場所が人の手が入ることで生きた場所になりました。さらに狙いは母屋と繋ぐことにより建物に囲まれた中庭のようにすること。使いようのなかった母屋の北側の部屋にも価値が生まれました。

デッキも出来たし、そろそろ外構やってきますか!!!


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示