• jammsweb

ウッドデッキ造ります#1

この蔵を借りた時からの構想だった蔵の前の鬱蒼としたジャングルスペースを中庭化する計画、ついに手を入れます。もともとリノベーションするなら建物も外構も両方楽しみたくてこの物件を選んでいるので、今後の蔵での遊び方にとっても、そしてこれから進める外構リノベにとっても中庭は重要となるはずです。いつもの作業だったら かなり適当にやってますが、恐らく今までで一番大掛かりな作業、それなりに費用もかかるので、設計から材料調達、施工の順序まで結構本気で計画しました。


↓これが現状です。これでもかなり頑張ってヤブを刈って処分してます。写真右の枯れ葉が堆積した低くなった部分に2mx4mのデッキテラスを作ります。今回土台となる部分は腐りにくくコストも抑えられる単管を採用。「単管」とは工事現場で仮設足場なんかに使われる金属製のアレです。メリットとしてはもう一つ、後からでもレベル調整出来るので測量機材がそろっていない素人でも精度良くつくれること。


先ずは基礎から作っていきます。基礎は全部で6ヵ所。その内 母屋側2ヶ所を固定基礎として他はルーズにします。湿った粘土質の地面をスコップで黙々と掘っていくんですが土がめちゃくちゃ重い。普段パソコンに向かって仕事してる人間には正直しんどい。交代を繰り返しながら進めていって終わるころには腕パンパン、膝ガクガク。1日目は位置出しと穴掘りで終了。


二日目はコンクリートを練って前回掘った穴へ流し込みます。これも言うのは簡単ですが、そもそもセメントを買ってトラックへ積んで下す。これだけでヘトヘトになります。それから砂利と水を加えてコンクリートを練る作業も過酷。結局10袋以上必要になりました。でも、ここまでやればコンクリートが固まるまでやることないのでこの日は終了。

あー、腰痛てー


さあ、3日目。ようやく単管に手を付けます。近所のホムセンで単管を購入。さらにその場で高速切断機を借りてカットするんですが、慣れてないマシンにビクビク!火花怖い~。熱い。音凄い。鉄臭せー!! ビビりながら始めたものの 段々楽しくなってくるものです。終わるころにはちょっとなごり惜しい。


カットした単管をホムセンの軽トラに乗せて蔵へ出発。といっても蔵まで僅か2分。固まった基礎に墨出ししておいたのでプラモのように単管を組み立てるだけ。うん、なんだか形が見えてきた。ここまで正直もう二度とやりたくないと思えるくらいシンドかったけど、後はウッドデッキ材を貼るだけ。何だか楽しくなってきた。早く材料届け~。


閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示